Q:「売却」が先?それとも「購入」が先?

A:状況により異なりますが、理想は『購入が先』でしょう。

買い替えでの不動産購入・売却は定期的にご依頼をいただいておりますが、お客様それぞれの事情によりどちらが先になることもあり得ます。

『売却』が先の場合は、次に買う住宅の購入資金を売却で得たお金で一部あるいは全部まかなうことができますが、現在の家に住んだまま購入希望者の内覧を受けたり、引越期限(物件の引渡日)までに次の物件を決めて引っ越す必要があります。

『購入』が先の場合は、引越時期の期限が無く、空家にできることで売却がしやすくなりますが、住宅購入資金を準備できることが前提となり、場合によっては元の家の住宅ローンとの二重払いが生じます。

どちらも一長一短ありますので、詳しくはご相談ください。